石山隆之 個人ブログです。
自分の歴史保存のために作成しようと思い2008からスタートしました。自分本位のものなると思いますがよろしくお願いいたします。
海・コラム・サッカー・研究 などのカテゴリーがありますのでのぞいてみてください。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
ARCHIVES
PROFILE

QRコード

 
JSC杯

JCSカップ
【予選リーグ】
11/4 @私学事業団総合運動場
十文字αvs文京学院高高等学校 0-2

11/16 @十文字学園女子大学
文京学院高等学校vs修徳高等学校 0-0
十文字αvs修徳高等学校 0-0

12/22 @十文字学園女子大学
十文字βvs村田女子高等学校 0-1
十文字γvs村田女子高等学校 1-0
十文字βvs十文字γ 1-1

【順位決定戦】
12/23 @十文字学園女子大学
5位決定戦
十文字βvs十文字α 2-0
3位決定戦
修徳高等学校vs村田女子高等学校 1-0
決勝
十文字γvs文京学院高等学校 4-0

【順位】
1位十文字γ
2位文京学院高等学校
3位修徳高等学校
4位村田女子高等学校
5位十文字β
6位十文字α

【最優秀選手賞】
十文字γ 高木彩世選手

【得点王】
十文字γ 高木彩世選手 3点

 

十文字β 千葉凪子選手コメント

私はキャプテンを6年間で初めてやりました。今までキャプテンの井上萌や吉田莉緒に頼りきりでもっとできることがあったのではないかと感じました。
アップの内容を決める事、時間配分を決める事やチームの攻守においてのテーマを決める事、そして自チームのメンバーの特性を生かすにはどうすればいいかなど考える事が多くやり甲斐がありました。2試合目を終えてからまたチームで話し合い自分達のチームは足が速い選手が前に多く、キーパーまでかけてはめて取るというチームの守備を決め、ボールを取ったらサイドハーフも関わり5人で攻撃ができる3-4-3の形にしました。そして上手く自分達の守備がはまりチーム全員がチームの為にプレーをし、交代した選手もチームの為にベンチから声を出して、2-0で最後勝つことが出来ました。高3にとって最後の公式戦になるので他のチームの高3も熱い想いを持ちプレーをしていました。
十文字で6年間サッカーに打ち込んできて最後に相応しいプレーをし、キャプテンとしてチームを絶対に勝たせるという使命を果たせたと思います。
このJCS を通して学年を超えサッカーの話をしたり、たわいない会話をして、よりチームの絆が深まりました。今日は敵でもこれから3チームが1つになりチーム全体をを盛り上げていき選手権に向けて大きく前進していきたいです。私はこのチームのキャプテンをすることができて本当に良かったです。キャプテンをやらせていただきありがとうございました。

十文字γ 高木彩世選手コメント

私たちは、スタメンではなく試合出場も少ない中このような大会を開いていただいたことにとても感謝しています。
今回の大会は、スタメン決めや、戦術なども自分たち話し合い、試合に向けてたくさんのことを準備しました。今までやってない役割をすることでとても良い経験ができました。
また、今大会を通してチーム内の絆もより深めることができたのではないかと思います。この優勝を糧に選手権でも優勝目指して、チーム一丸となり頑張っていきたいと思います。

十文字α 川島蒼生選手コメント

十文字αは勝利数0得点0失点4という結果でJCSを終え悔しさの残る大会となりました。私はこのチームのキャプテンを務めさせて頂きました。私情でチームに迷惑をかけることが多く、それをプレーや結果で返すことができなかったので不甲斐なく思っています。生徒主体で臨んだ今大会は私達にとって貴重な経験となりました。普段あまり一緒に練習しないメンバーもいる中で、しっかりコミュニケーションをとりながらできたと思います。試合内容を自分たちで分析し整理することで、サッカーの勉強にもなり、いつもよりサッカーの会話が生まれました。これから個人としてもチームとしてもさらにステップアップできるよう練習に励んでいきたいです。十文字αはそれぞれの立場で全力を尽くし全員で勝利を目指して戦うことができたと思います。今回学んだことや悔しい気持ち全てを活かし、残り少ない高校サッカーを最後までやりきります。今大会が最後の公式戦となる高3にとって、十文字生活6年間を締めくくるには決して納得のいく試合ではありませんでしたが、私はこのチームで最後まで戦えて良かったです。これを機に、選手権に向けた新たなスタートを切りたいです。キャプテンとして何かを成し遂げることはできませんでしたが、このような経験を積む機会を与えてくださったことに感謝しています。ありがとうございました。

 

 

 

コメント
コメントする









 

Copyright (c) TAKAYUKI ISHIYAMA All Rights Reserved.