石山隆之 個人ブログです。
自分の歴史保存のために作成しようと思い2008からスタートしました。自分本位のものなると思いますがよろしくお願いいたします。
海・コラム・サッカー・研究 などのカテゴリーがありますのでのぞいてみてください。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
 
ARCHIVES
PROFILE

QRコード

 
「部活動 十文字高校サッカー部」の経験が活きるはずです

先日、17名が卒業しました。中学から入部した者、高校から入部した者などそれぞれの事情から集まった17名です。部活動は課外活動であり自主的な活動。だからと言って自由気ままに参加して良いものではなく、まして十文字高校サッカー部は明確な目標があり入部前から覚悟を持ってきました。個人としてもチームとしても、その目標を達成するには、監督はじめスタッフ、先輩やチームメイトからの批判や厳しい意見をのみこみ、耐えながら眠れぬ夜を何度も繰り返し過ごす毎日の積み重ねです。同時に先輩や仲間、監督やコーチの指導助言や教えによって、物事を一つ一つ解決していくことになります。

 今年の卒業生は選手権を優勝した直後のメンバーでした。勝っている時こそ次につながる投資をすべき絶好のタイミングです。しかし、往々にして一時の成功は気持ちのゆるみを招くこともありますし、本年度の十文字高校はトップチームFC十文字VENTUSがチャレンジリーグに昇格した事情もあり、高校サッカー部の指導体制が充分であったとは言えませんでした。「この代ほど手のかかる代はない」などと、あたかも生徒に原因があるように厳しく叱責してきましたが、実の原因は私にあります。もっともっと深く、強く例年以上に生徒達に関わるべきだったと反省の念しか残っていません。しかしながら、最後の選手権関東予選以降の怒濤の頑張りは、目を見張るものがありました。私自身も、かなり深くチームの中に入っていき、とても濃密な期間を過ごしました。あと2日間でも時間があれば、想像もできないくらいのチームに成長し、選手権も驚くような結果を出していたのではないかと思います。スポーツの世界では、優勝チームが緊張感を失い、翌年の低迷を招くことがあります。危機感を維持するのは難しく、したがって勝利を継続することは本当に難しいものだと言われます。だからこそ、冒頭に述べたように先輩や仲間、監督やコーチの指導助言や教えによって、物事を一つ一つ解決していく過程において出来上がる「人間力」のようなものが安定的な力となり重要なのです。十文字高校サッカー部は明確な目標は、選手権などで優勝することですが、選手権優勝は手段なのです。本当に目指すべきビジョンは、サッカーを通して、部活動を通して、「人として魅力ある成長」をし人生を豊かにしていくことなのではないでしょうか。思い返せば、上手くいかないことが多く、辛いことやほろ苦い思い出の方が多い代でしたが、その分、間違えなく人間力もアップしたのですから、これからの人生できっと「部活動 十文字高校サッカー部」の経験が活きるはずです。 卒業式の日の笑顔を見た瞬間、感じたことです。 本当に卒業おめでとう! 後輩のために、たまには遊びに来てください。。。

 

コメント
コメントする









 

Copyright (c) TAKAYUKI ISHIYAMA All Rights Reserved.